【GDC 2016】PS VRで非対応PS4ゲームやBlu-ray映画を体験―エンタメデバイスとしての性能は? | GameBusiness.jp

【GDC 2016】PS VRで非対応PS4ゲームやBlu-ray映画を体験―エンタメデバイスとしての性能は?

ゲーム開発 バーチャルリアリティ

【GDC 2016】PS VRで非対応PS4ゲームやBlu-ray映画を体験―エンタメデバイスとしての性能は?
  • 【GDC 2016】PS VRで非対応PS4ゲームやBlu-ray映画を体験―エンタメデバイスとしての性能は?
  • 【GDC 2016】PS VRで非対応PS4ゲームやBlu-ray映画を体験―エンタメデバイスとしての性能は?
米サンフランシスコで開催されたSCEのプレスカンファレンス会場にて、PlayStation VRを接続したPS4でどんなことができるのか、実際に体験してきました。

まず筆者が体験したのは、PS VRのローンチとともに追加予定であるPS4のメディアプレイヤーのVR機能。会場で体験できたのは、風景写真数点とスキー場を映したホームビデオで、どちらも360度見渡すことができます。360度見渡せる写真は、まるで時間が止まった世界に迷い込んだかのような錯覚に。また、通常の写真を拡大表示して、疑似的にVRに対応させることもできるようでした。360度見渡せるホームビデオは、映像自体は秒間30フレームぐらいなのですが、頭を動かすと秒間120フレームの滑らかさで辺りを見渡すことができるので、VR酔いになることもありませんでした。

次に体験したのは、従来のPS4用ゲームのプレイとBlu-rayによる映画視聴です。デモで見せてくれた映画は、2015年に北米で公開されたジュブナイルホラー映画「グースバンブス」。PS VRでの映画の視聴は、ソニーのヘッドマウントディスプレイ「HMZ」シリーズと近い見え方で、目の前にスクリーンが表示されて映画館にいるような感覚で視聴できるようになっていました。「HMZ」シリーズと違うのは、スクリーンがVR空間に表示されているので視点を動かせることです。真横を向くと操作コマンドが使えるほか、スクリーンの表示も「HMZ」の見え方に近いミディアム表示のほかにラージとスモール計3つの表示方法が用意されてるそうです。担当者によると、3D Blu-ray作品も対応する可能性は高いとのことです。

続いて、VRに対応していないPS4用ゲーム『Flowery』をPS VRで体験。Blu-rayの映画と同じく目の前にスクリーンが映されるスタイルで、テレビと同じ感覚でプレイすることができました。ただ、PS VRの解像度は片目960x1080となるため、実質的にフルHDのテレビよりも解像度が下がってしまう点には注意が必要です。

PS VRは、単なるゲーム用の周辺機器ではなく、あらゆるエンターテイメントをカバーしていると言えそうです。そのポテンシャルは、ゲームや映画だけでなく、旅行写真やホームビデオのあり方も変えてしまうかもしれません。
《Daisuke Sato》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら