イマジニア、スマホゲームを制作する新会社「株式会社SoWhat」を設立 | GameBusiness.jp

イマジニア、スマホゲームを制作する新会社「株式会社SoWhat」を設立

企業動向 戦略

イマジニア、スマホゲームを制作する新会社「株式会社SoWhat」を設立
  • イマジニア、スマホゲームを制作する新会社「株式会社SoWhat」を設立
イマジニア株式会社が、NHN Japan(現LINE)やNHN PlayArtにてスマートフォンゲーム制作の責任者などを務めてきた馬場一明氏と共同で新会社「株式会社SoWhat」を設立すると発表した。設立日は10月7日の予定。

イマジニアでは今年5月25日に同社初の本格的なスマートフォンゲームとしてLINE GAMEにて人気キャラクター「リラックマ」のパズルゲーム『LINE リラックマころろんパズル』の提供を開始した。これは同社が新たな成長を目指す上で、人気の高いスマートフォンゲームを重要分野と捉え、新規の市場開拓を意図した試みだったとのことで、今回設立する新会社では、これまでに数多くのヒットゲームの開発に携わってきた馬場一明氏を代表として迎え、誰もが楽しむことができ、アイデア溢れるヒット作を日本だけでなく世界中に提供していくという。会社概要は以下のとおり。

名称:株式会社 SoWhat(英語表記:So What, Inc.)
所在地:東京都新宿区西新宿二丁目 7 番 1 号
代表者:馬場一明
役員構成:神藏孝之(イマジニア株式会社 代表取締役会長兼 CEO)、澄岡和憲(イマジニア株式会社 代表取締役社長兼 COO)、山本佳樹(イマジニア株式会社 執行役員)
事業内容:主にスマートフォン向けゲームの企画、開発、運用等
資本金:100,000 千円
設立年月日:平成 27年10月7日
大株主及び持ち分比率:馬場一明(50%)、当社(50%)
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら