ドイツの青少年保護委員会がルートボックスの禁止を検討ー海外報道 | GameBusiness.jp

ドイツの青少年保護委員会がルートボックスの禁止を検討ー海外報道

産業政策 法規制

ドイツの青少年保護委員会がルートボックスの禁止を検討ー海外報道
  • ドイツの青少年保護委員会がルートボックスの禁止を検討ー海外報道
2017年に大きく話題となったビデオゲームのルートボックス問題。この問題について、ドイツの青少年保護委員会がルートボックスの禁止を検討していることが海外メディアから報道されています。

海外メディアのWeltによると、ハンブルグ大学の研究によって現在のゲーム市場におけるビジネスモデルと典型的なギャンブル市場の特徴との類似が明らかにされたことが報じられたとのこと。これを受けたドイツの青少年保護委員会が介入を検討している、と伝えられています。

また、同委員会の議長であるWolfgang Kreißig氏はルートボックスについて、未成年や子どもの賭博禁止に違反する可能性がある、という考えを主張。具体的な方針がどのようなものになるかに関わらず、3月には最終的な決定を下す予定だとしています。
《吉河卓人@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら