半数のユーザーは「ネイティブ/ブラウザ」を意識しない―gloopsが調査結果を公開

市場 調査

半数のユーザーは「ネイティブ/ブラウザ」を意識しない―gloopsが調査結果を公開
  • 半数のユーザーは「ネイティブ/ブラウザ」を意識しない―gloopsが調査結果を公開
  • 半数のユーザーは「ネイティブ/ブラウザ」を意識しない―gloopsが調査結果を公開
gloopsは、2015年12月25日に実施した「ゲームに関するアンケート」の結果をもとに、ブラウザゲーム市場がネイティブアプリ市場の約25%へ縮小している中、ゲームユーザーの意識がどのようにモバイルゲーム市場に影響があるかを発表しました。

■モバイルゲームユーザーの半分以上が「ネイティブ/ブラウザゲームを意識しない」

「モバイルゲームを始めるとき、ネイティブゲームかブラウザゲームかを意識しますか」という問いに対し、ゲームユーザーの半数以上がネイティブ/ブラウザを意識しないと回答。gloopsマーケティング担当者によると、「ネイティブゲーム市場は拡大しているが、ランキングには潤沢な資金を持ち、多額の開発費用を投じることのできる大手のアプリが並ぶ状況。一方、ブラウザゲーム市場は縮小をしているものの、ネイティブに比べてアクティブユーザーが多く、ハードの垣根を越えてプレイできるブラウザゲームのニーズは一体数存在している」と回答しました。



■調査概要
調査名:「ゲームに関するアンケート」
調査期間 : 2015年12月25日(金)~12月26日(土)
調査対象 :事前のスクリーニング調査で「一日に 1 回以上ソーシャルゲームで遊ぶ」と回答した全国の20代~30代男性1,044 名
《末永 拓也》

関連ニュース

特集