アクセスランキング | GameBusiness.jp

ニュースアクセスランキング

最新ランキング1〜10位

  1. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに 画像
    1

    Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

    企業動向

    新たに、ニンテンドーeショップで配信されるダウンロードソフトやオンラインアカウントに関する一部仕様が、海外で報じられています。

  2. Steamの『Art of Stealth』が僅か6日で削除―開発者の自演レビュー発覚 画像
    2

    Steamの『Art of Stealth』が僅か6日で削除―開発者の自演レビュー発覚

    その他

    2017年1月12日よりSteamで配信開始となったステルスアクションゲーム『Art of Stealth』が、僅か6日後の1月18日にストアから削除されてしまいました。

  3. Wiiが脳卒中のリハビリに効果−「Wii療法は素早く効果が現れる」 画像
    3

    Wiiが脳卒中のリハビリに効果−「Wii療法は素早く効果が現れる」

    その他

    Wiiが脳卒中のリハビリに役立つ、とする調査結果です。カナダのトロントにある聖ミカエル病院のGustavo Saposnik博士はWiiが脳卒中のリハビリに役立つのではないかと考え、20名の脳卒中患者を対象に調査を行いました。

  4. 【GDC 2016】ダイアログエディターでデザインされる『ウィッチャー3』の物語体験 画像
    4

    【GDC 2016】ダイアログエディターでデザインされる『ウィッチャー3』の物語体験

    ゲーム開発

    CD Projekt REDのピョートル・トムシンスキー氏はGDC 2016にて「『ウィッチャー3 ワイルドハント』の映画的ダイアログにおける舞台裏」と題して講演。本作のストーリー体験の中核を担うインハウスツール「ダイアログエディター」の概要を紹介しました。

  5. 子どもの頃の夢はゲームセンターの店長、新卒から10年で社長就任・・・日本ファルコム近藤季洋社長 画像
    5

    子どもの頃の夢はゲームセンターの店長、新卒から10年で社長就任・・・日本ファルコム近藤季洋社長

    企業動向

    日本のゲーム史を語る上で外せない老舗メーカー、日本ファルコム。1981年に創業し、『イース』『軌跡シリーズ』『ザナドゥ』など、数々の人気シリーズで親しまれています。

  6. 【インタビュー】「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」を生み出したSWERYが独立、今後の活動や『D4』はどうなるのか 画像
    6

    【インタビュー】「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」を生み出したSWERYが独立、今後の活動や『D4』はどうなるのか

    ゲーム開発

    SWERY氏がアクセスゲームズから独立し、新スタジオ「White Owls」を設立したことが発表されました。そこでインサイドとGame*Sparkでインタビューを実施。編集部にて話を聞いた後、出来上がったばかりのオフィスにもお邪魔してきました。

  7. インドゲームショーが2017年2月に開催決定!現地のゲーム市場動向とは 画像
    7

    インドゲームショーが2017年2月に開催決定!現地のゲーム市場動向とは

    その他

    2017年2月2日~5日にインド・ニューデリーで「インドゲームショウ2017」が開催されることが決定しました。それに先んじて6月13日、都内のインド大使館にて「インド国内で急拡大のゲーム市場 日本企業のビジネスチャンスと市場参入戦略セミナー」が行われました。

  8. 18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答 画像
    8

    18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

    市場

    2017年1月18日に掲示板Redditにて行われたValve社CEO、ゲイブ・ニューウェル氏の「AMA(Ask Me Anything)」セッション。本セッション上にて、ゲーム配信プラットフォーム“Steam”への18禁アダルトゲームの登録の可能性についての返答が行われています。

  9. 「Game Developer’s Meeting Vol.8」が1月26日に開催―DeNAのIPプロデュース術が語られる 画像
    9

    「Game Developer’s Meeting Vol.8」が1月26日に開催―DeNAのIPプロデュース術が語られる

    ゲーム開発

    DeNAは、ゲームプランナー向け勉強会の「Game Developer's Meeting Vol.8」を1月26日に開催すると発表しました。

  10. 【NDC 2016】韓国最大級のe-Sports施設「Nexon Arena」へ―e-Sportsを発展させるインフラ 画像
    10

    【NDC 2016】韓国最大級のe-Sports施設「Nexon Arena」へ―e-Sportsを発展させるインフラ

    文化

    Nexon Koreaが運営するe-Sports専用施設「Nexon Arena」見学ツアーの機会を頂き、施設内の見学はもちろん、施設の概要やあり方など、興味深いお話が「Nexon Arena」運営担当のShim Hyun氏から語られました。

最新ランキング11〜20位

  1. Steam、XB360/XB1コントローラーフルサポートを正式開始―PS4サードパーティ製にも対応 画像
    11

    Steam、XB360/XB1コントローラーフルサポートを正式開始―PS4サードパーティ製にも対応

    ゲーム開発

    Valveはゲーム配信プラットフォーム“Steam”のクライアントを更新し、Xbox 360/Xbox One/X-Inputのコントローラーの正式フルサポートを開始しています。

  2. データを“根拠”として“成果”をあげる-ORATTAが挑む自社KPIツールからの置き換えと決意 画像
    12

    データを“根拠”として“成果”をあげる-ORATTAが挑む自社KPIツールからの置き換えと決意

    市場

    ORATTAは、2010年に創業したモバイル向けのソーシャルゲームを数多く手がけているゲーム開発会社。受託開発はせず、一からゲームを企画、開発、運営している。今回は、ORATTAの渡辺淳氏と畑俊樹氏に、Yahoo!ビッグデータインサイト導入の経緯と展望を語ってもらった。

  3. 『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立 画像
    13

    『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立

    ゲーム開発

    AAA級ゲームの開発に携わった複数の開発者たちがポーランド、ヴロツワフに新スタジオ「Strange New Things」を設立しています。

  4. 日本一ソフトウェア、インディーゲームを届ける新たな取り組みを発表…第一弾は格闘・ホラー・パズルACTを同時リリース 画像
    14

    日本一ソフトウェア、インディーゲームを届ける新たな取り組みを発表…第一弾は格闘・ホラー・パズルACTを同時リリース

    企業動向

    日本一ソフトウェアは、新たな取り組みとなる『日本一 Indie Spirits』を発表し、合わせて『日本一 Indie Spirits』ポータルサイトも公開しました。

  5. 『ポケモンGO』が「2016年に世界で最もDLされたiOSゲーム」に―『スーパーマリオラン』もTOP10入り 画像
    15

    『ポケモンGO』が「2016年に世界で最もDLされたiOSゲーム」に―『スーパーマリオラン』もTOP10入り

    市場

    Appleの発表より、ナイアンティック開発のARゲーム『ポケモンGO』が、2016年で最もダウンロードされたiOSゲームであることが明かされました。

  6. 2016年の衝撃とエンタテインメント夜明け前【Re:エンタメ創世記】 画像
    16

    2016年の衝撃とエンタテインメント夜明け前【Re:エンタメ創世記】

    連載

    2016年も残すところあと少し、2015年の大晦日「NHK紅白歌合戦」で「ラブライブ!」のユニットμ's(ミューズ)を観たことも、ついこのあいだ…くらいの感じがするのだが、あれから一年が経とうしている。

  7. PS4本体に「ドラクエ メタルスライム エディション」と新色「グレイシャー・ホワイト」が登場、Ver.2.00ではテーマの設定も可能に 画像
    17

    PS4本体に「ドラクエ メタルスライム エディション」と新色「グレイシャー・ホワイト」が登場、Ver.2.00ではテーマの設定も可能に

    その他

    ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、PlayStation 4本体・コントローラーの新モデルを発表しました。

  8. VR市場を拡大するスタートアップを支援する・・・gumiが設立した「Tokyo VR Startups」 画像
    18

    VR市場を拡大するスタートアップを支援する・・・gumiが設立した「Tokyo VR Startups」

    ゲーム開発

    さまざまなデバイスが登場し、盛り上がりを見せ始めているVR業界。gumiが、VR系のスタートアップ企業を支援する100%子会社「Tokyo VR Startups株式会社」を設立し、その開所式を行いました。

  9. SCE、半導体戦略プロジェクト担当 3名の人事を発表 画像
    19

    SCE、半導体戦略プロジェクト担当 3名の人事を発表

    その他

    ソニー・コンピュータエンタテインメントは2月4日付人事として、半導体戦略プロジェクト担当の3名を新任しています。

  10. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに 画像
    20

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    ゲーム開発

    一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA)は、5月20日~5月21日に開催されるA 5th Of BitSummitの出展エントリーの受付期間を延長したと発表しました。

最新ランキング21〜30位

  1. 21

    Oculus VRがモデリングツールも提供 専用VRコントローラー「Oculus Touch」でVRモデリングツール

    ゲーム開発

    Oculus VRが、現地時間の9月23~25日に米ハリウッドにて開催した開発者向けカンファレンスイベント「Oculus Connect 2」にて、VR空間で3Dモデルの彫刻が行えるモデリングツールを発表した。

  2. 22

    【特集】世界観は最後に作る─『人喰いの大鷲トリコ』上田文人氏インタビュー

    ゲーム開発

    美しいグラフィックで描かれる、独特の透明感に包まれた世界で、大鷲トリコと少年が冒険をするPS4向けアクションアドベンチャーゲーム『人喰いの大鷲トリコ』。今回は、監督・ゲームデザインを務めた上田文人氏にインタビューを行いました。

  3. 23

    『モンスト』など、スマホゲームのマルチメンバー募集が容易に!Lobi、「マルチプレイ募集」機能をリリース

    ゲーム開発

    東京ゲームショウ2015にてカヤックは、同社が運営するスマートフォンゲームコミュニティサービス「Lobi(ロビー)」で、詳細な条件を指定してメンバー募集が行える「マルチプレイ募集」機能のリリースを2015年10月に予定していると発表しました。

  4. 24

    AR・VRがゲーム業界に生み出す新たなビジネス機会とは【フロスト&サリバン市場分析】

    市場

    拡張現実(AR: Augmented Reality) 技術を利用した「ポケモンGO」の大ヒットは、ARやバーチャルリアリティ(VR: Virtual Reality)といった新しい技術がゲーム業界にもたらす可能性を実証した。

  5. 25

    TGSで脚光を浴びたWiFiクラウドゲーム機「G-cluster」についてブロードメディアを直撃

    その他

    東京ゲームショウにはWii Uだけでなく、もう1つの新型ゲーム機が展示されていて、そのブースには多くの人が足を止め、驚きの表情を見せていました。

  6. 26

    小島監督、スパニッシュアカデミー創設の名誉賞の初代受賞者に

    その他

    スペイン文化省などが支援する「スペイン・インタラクティブ芸術科学アカデミー(スパニッシュアカデミー)」が創設した「Premio de Honor(名誉賞)」において、『METAL GEAR』シリーズ監督の小島秀夫氏が第一回目の受賞者になりました。

  7. 27

    神戸電子専門学校にて、ゲーム・アニメ業界セミナーが開催…ミクシィやヘキサドライブなど

    その他

    神戸電子専門学校は、5月23日・6月20日に開催する各種セミナーの情報を公開しました。

  8. 28

    VOYAGE SYNC GAMES、シンガポールのオンラインゲーム会社IGGとパートナーシップを締結

    企業動向

    株式会社VOYAGE GROUPの連結子会社で、海外のスマートフォン向けゲームのパブリッシング事業を展開する株式会社VOYAGE SYNC GAMESが、オンラインゲームの開発・運営を手がけるシンガポールのIGG Inc.とパートナーシップを締結した。

  9. 29

    「Nintendo Switch」発表会、市場に溢れる思惑の正体とは【Re:エンタメ創世記】

    ゲーム開発

    任天堂の株価が乱高下している。2016年を振り返ってみると、7月の『ポケモンGO』で31,000円台を迎え、その後順調に推移するかと思われたが、徐々に株価は下落、12月16日の『スーパーマリオンラン」で29,000円台にまで一時的に回復した。

  10. 30

    海外ゲーム翻訳の通信講座、フェロー・アカデミーにて受講受付開始―ゲーム翻訳の技術から裏話まで

    ゲーム開発

    翻訳学校フェロー・アカデミーは、ゲーム翻訳者の武藤陽生氏による通信講座「海外ゲーム」の受講受付を開始しました。