【GDC2010】XNAの開発環境でWindows Phone 7向けにも開発可能に | GameBusiness.jp

【GDC2010】XNAの開発環境でWindows Phone 7向けにも開発可能に

その他 その他

Engadgetが報告したところによれば、Windows Home Serverを担当するゼネラルマネージャーのCharlie Kindel氏が、Windows Phone 7 seriesがXNAやSilverlightの開発フレームワークをサポートすることを明らかにしたそうです。

マイクロソフトはWindows Phone 7の発表時に、Xbox Liveをサポートし、アバターやアチーブメントがゲームに提供されることを明らかにしています。

XNAでは通常のXbox 360向けゲームに加えて、ダウンロード配信用タイトル、Zund HD向けアプリケーションの開発が可能です。またSilverlightフレームワークではウェブ向けのコンテンツが制作可能です。これらがWindows Phone 7をサポートすることは、既存の開発者がすぐにWindows Phone 7向けのゲームやアプリケーション、コンテンツを開発可能になるということを意味します。

またWindows Phone 7は.NET Frameworkもサポートします。

マイクロソフトが満を持して世に放つスマートフォン向けプラットフォームWindows Phone 7。明日からのGame Developers Conferenceでも関連セッションが予定されています。弊誌でも現地からのレポートをお届けする予定です。お楽しみに。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら