Ubisoftが違法コピー対策の新DRMを導入、ゲームは常時オンライン環境が必須に | GameBusiness.jp

Ubisoftが違法コピー対策の新DRMを導入、ゲームは常時オンライン環境が必須に

その他 その他

ユービーアイソフトが、著作権侵害行為対策に特化した新たなDRM技術を導入するようです。

GameSpyの調べによると、今後同社の発売するPCゲームに導入されるというこのシステムは、インストール時はもちろん、通常のゲーム起動時もUbi.comへのアカウントログインが必要で、ゲーム中も常時オンラインの環境が必須になるようです。

オフラインでゲームが遊べないのは一部のユーザーにとってデメリットになりそうですが、一方で、インストール回数の制限が一切ない、ゲームの起動にディスクが不要、セーブデータをクラウドサーバー上に保存できる、といった利点もあるとのこと。

ユービーアイソフトは、今年3月に発売する『The Settlers 7: Paths to a Kingdom』のベータテストを皮切りに、このDRMプラットフォームを本格的に導入していくということです。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら