EA「2010年か近い将来にはゲームソフトの低価格化が始まると思う」 | GameBusiness.jp

EA「2010年か近い将来にはゲームソフトの低価格化が始まると思う」

その他 その他

2010年にはゲームソフトの値段が下がる――EAカナダのシニアプロデューサー、Jason DeLong氏がGameInformerのインタビューに応え、ゲームソフトの価格にふれています。氏は2010年のゲーム産業で何が起こりうるか、という質問に「2010年ではないかもしれないが、近い将来には、ゲームソフトの低価格化が始まる」と答え、その方法として「まず始めに少なめの内容を低価格で提供、それから追加エピソードや追加要素でゲームを拡張していく」といった予測をしています。

氏は、これが消費者にとって良いことかどうかは別にして「我々が今後進むことになる方向性」「ソフトの低価格化は同業他社にとってもトピックのひとつ」としており、お金に制限があるなかで、どうやってゲームを遊んでもらえるか、解決すべき問題のひとつと話しています。

北米では、Xbox 360やPS3のゲームソフトの多くに59.99ドルのプライスタグがつけられています。現在でもダウンロードコンテンツによるゲームの拡張は広く見られますが、今後はソフトの価格にも影響を与えていくのでしょうか。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら