米国でゲーム関連学科のブーム−昨年より更に急増 | GameBusiness.jp

米国でゲーム関連学科のブーム−昨年より更に急増

その他 その他

米国ではゲーム関連の学科がブームとなっているようです。

米国の業界団体Entertainment Software Association(ESA)によれば、現在米国の学校には254ものゲーム関連学科が存在するとのことです。

トップ3はカリフォルニア、ニューヨーク、テキサス。それぞれ46学科、21学科、20学科を擁しており、カリフォルニアが群を抜いてゲーム関連の教育に熱心なのが分かります。2008年にはゲーム関連学科は約200だったとのことですので、今年に入って更なる急増を見せたことになります。

ESAのシニアバイスプレジデントであるRich Taylor氏は、この現象を「社会におけるゲームの役割が拡大していることを反映している」と分析しています。

ESAによれば、米国家庭の68%がゲームを遊び、42%にゲーム機が存在しているとのこと。また、米国のゲーム業界は2006年に8万人以上を雇用しているとする調査結果が出ています。

ゲーム制作に必要な人員は増大する傾向にあるため、これを支える意味でもゲーム関連の学科は今後ますますの増加を見せそうです。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら