英国では73%が定期的にゲームを遊ぶ−海外の調査結果 | GameBusiness.jp

英国では73%が定期的にゲームを遊ぶ−海外の調査結果

その他 その他

英国に住む人の73%が定期的にゲームを楽しむとする調査結果が発表されました。
  • 英国に住む人の73%が定期的にゲームを楽しむとする調査結果が発表されました。
  • 英国に住む人の73%が定期的にゲームを楽しむとする調査結果が発表されました。
英国に住む人の73%が定期的にゲームを楽しむとする調査結果が発表されました。

「2009 UK National Gamers Survey」によれば、英国では73%の人が定期的にゲームを遊び、一週間あたり5.1時間をゲームに費やすとされています。

ゲームを遊ぶ人の比率が最も多い年代層は8〜12歳。
男性の99%、女性の96%に定期的にゲームを遊ぶ習慣があるとされています。
逆にゲームを遊ぶ人の比率が最も少ない年代層は50歳以上。
それでも男性の41%、女性の43%にも及んでいます。
週あたりのプレイ時間が最も多いのは13〜19歳の男性。
11.1時間を費やしているとされており、これは他の年代層と比較しても抜きんでた数値となります。

娯楽の時間配分を見てみましょう。
英国では、TV、インターネット、ラジオ、ゲーム、新聞、雑誌の順に長い時間が使われています。特に1位のTVと2位のインターネットはほぼ互角。
一週間あたりのTVの視聴時間は男性が10.8時間、女性が11時間。
インターネットの利用時間は男性が10.4時間、女性が9.9時間となっています。
紙媒体は大きく水をあけられており、新聞と雑誌を合わせても男性が3.4時間、女性が2.6時間とTVやインターネットの半分にも満たない結果が出ました。

紙媒体の苦戦がいわれる昨今ですが、英国でもメディアの世代交代は着実に進んでいる模様です。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら