10分で約8ドル…不特定の女性とオンラインゲームを楽しむ有料サービスが登場 | GameBusiness.jp

10分で約8ドル…不特定の女性とオンラインゲームを楽しむ有料サービスが登場

その他 その他

誰でも女性と一緒にゲームを遊べる、そんなサービスが海外で始まると海外サイトIGNが報告しています。これは3月23日にスタートの「GameCrush」と呼ばれるソーシャルサービスで、元々は忙しい親に代わり数時間の間子供と一緒に遊ぶという目的で始まったPlayDatesを利用したもの。

「成人ゲーマーのための最初のソーシャルサイト」を宣伝文句に、カジュアルゲームから本格FPSまで、女性とオンラインプレイができるこのサービス。まずは(現時点で約1,200人いるという)女性の写真つきプロフィールをチェック。無料でチャットもできます。お気に入りの女性が見つかったら彼女をゲームに招待、招待が拒否されなければ、約6分〜10分の間、ビデオチャットを使いながら一対一でゲームを一緒に楽しみます。

現時点ではXbox 360のゲーム数本(MW2、Gears2、GTAIV、Halo3)とカジュアルゲーム数本のみの対応ですが、今後はPS3やWii、World of Warcraftなどをラインアップに加えて行く計画とのこと。ただ、現在のところXbox Liveでプレイしようとすれば、まずゲーマータグを聞いて、そこからPCとは別にXbox Live上でも招待するという手間が必要な上、ゲーム用のモニターを見るためビデオチャットが使用不能になるという不便さも。

登録は無料ながら、女性と一緒にゲームをプレイするのにはお金が必要となります。価格は500クレジットで8.25ドルとなっており、このクレジットは一回のプレイで全て使われます(1プレイ:400クレジット+チップ:100クレジット)。Xbox Liveのゲームでも約10分、カジュアルゲームでは約6分で8.25ドルが使われる計算。GameCrushによれば、この価格設定は「バーで女性に飲み物をおごる」際のコストをモデルにしているとのこと。

現在のところ多くの女性が登録に殺到しているそうですが、その一方できちんとした審査が行われておらず、普通の女の子だけでなく、中には怪しげな女性もいるだろうと言われています。またIGNでは「これまでGameCrashのようなサービスを考えつかなかったことが驚き」「多くのゲーマーが利用することに疑いはない」としつつも、この価格設定が果たして適正なのかどうかという疑問も投げかけています。

一方、この記事を読んだユーザーからは「今まででいちばん悲しいニュース」「憂鬱」「情けない」「一週早いエイプリルフールであってくれ」といった否定的な意見が多く寄せられています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら