「業界人は次世代機の巨大プロジェクトにうんざり」−元Rockstarの開発者がiPhoneのスタジオを設立 | GameBusiness.jp

「業界人は次世代機の巨大プロジェクトにうんざり」−元Rockstarの開発者がiPhoneのスタジオを設立

その他 その他

『グランド・セフト・オート』(GTA)シリーズを手がけた二人がiPhoneゲームのスタジオを設立しました。

Rockstar GamesのLee Hutchinson氏とMatt Shepcar氏は、新規デベロッパーDouble 11を立ち上げるとのことです。

Hutchinson氏は元Rockstar Leedsのリードエンジニア。Rockstar GamesのiPhoneプロジェクトに関わった一人で、iPhone版『グランド・セフト・オート:チャイナタウン・ウォーズ』や『Beaterator』を手がけています。

Shepcar氏は元Rockstar Leedsのリードプログラマーで、『グランド・セフト・オートIV』や『グランド・セフト・オート・バイスシティ・ストーリーズ』といった作品を制作しました。

Hutchinson氏は「今日、沢山の開発者が次世代機の巨大プロジェクトにうんざりしており、80年代のような草の根のベッドタイムコーディングに戻りたがっていると思う」とコメントしています。

先日も『Fable 2』のリードデザイナーを務めたDene Carter氏がLionhead を退職しFluttermindをスタートさせるなど、家庭用ゲーム機で慣らした業界人がiPhoneゲームのスタジオを作る例が増えているようです。

いずれも「巨大プロジェクト」に関わった人物であるのが興味深いところで、iPhoneゲームのレベルを上げる働きも期待できるのではないでしょうか。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら