任天堂、Project Natalの前身を不採用に?−「Project Natalそのものだ」 | GameBusiness.jp

任天堂、Project Natalの前身を不採用に?−「Project Natalそのものだ」

その他 その他

海外ゲームサイトCVGが報じるところによりますと、任天堂はProject Natalの前身ともいえるモーションコントロールを不採用としていたとのことです。

Wiiの周辺機器として3Dカメラによるモーションコントロールを提案したのはイスラエルの3DV Systems。同社はマイクロソフトに買収されProject Natalの開発を行っていることで知られています。

3DV Systemsは2007年末、任天堂に対し「3Dでモーションを検知するカメラと音声認識」をプレゼンテーションしたものの、価格的な問題から不採用となったとのこと。

情報ソースの人物は「このプロトタイプの話を聞いて、正直いって驚いた。Project Natalそのものだ。E3で発表されたバージョンは小さくなり精度も上がっていたようだが、基本的には同じ技術だ」とコメントしています。

CVGは、2009年7月のインタビューで宮本茂氏が「この種のモーションセンシングカメラの技術はずっと前からありました。僕たちは長年に渡って色々なテクノロジーに何ができるかを見てきたんですが、最終的には使わないことに決めたんです」と発言していることに注目。3DV Systemsが提案したのがProject Natalに近いものであるのではないかとしています。

なお、英国任天堂とマイクロソフトはこの件に関してコメントしていないとのことです。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら