米ソニーが女性業界人を育成するプログラムをスタート | GameBusiness.jp

米ソニーが女性業界人を育成するプログラムをスタート

その他 その他

ソニーは女性業界人を育成するプログラムをスタートしたとのことです。

米ソニーオンラインエンタテインメント(SOE)は「G.I.R.L.」プログラムを開催すると発表しました。

「G.I.R.L.」は「Gamers in Real Life」の略で、女性のゲーム業界人を育成するのが目的。

対象となるのは米国に住む18歳以上の女性。
プログラミングやアニメーション、ビジュアルエフェクトといったゲームに関連する学科を取っており、GPA評価で平均3以上の成績を修めていることが応募条件となります。

3回目となる今回は10000ドル(約91万円)の奨学金に加え、SOEのスタジオで最高10週間の研修を受けることができます。

GPA評価は学生の成績を4〜0で評価するものですから、平均3といえばなかなかの成績が必要とされることになります。

SOEのバイスプレジデントオブグローバルセールスアンドマーケティングのLaura Naviaux氏は「私たちの目標は、エッジなオンラインゲームを開発する情熱を持っている、あらゆる層に属する女性をサポートすることにあります」とコメントしています。

ゲーム開発の現場では、女性の感性が今後も重要になってくることが予想されますが、「G.I.R.L.」プログラムはゲーム業界志望の女性にとっては大きな福音となりそうです。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら