ジークレスト、サンフランシスコにオフィスを開設し北米市場を模索へ | GameBusiness.jp

ジークレスト、サンフランシスコにオフィスを開設し北米市場を模索へ

その他 その他

サイバーエージェント傘下のオンラインゲームメーカー、ジークレストがサンフランシスコにオフィスを開設し、北米市場への本格参入を模索しているとGameIndustry.bizが伝えています。

ジークレストは『トリックスター0 -ラブ-』『競馬伝説Live』『ルーンアークオンライン』『ドリームダービー』を運営しているほか、コミュニティサイト「アットゲームズ」を運営。ユーザーコミュニティから自社や他社の提携タイトルを遊べるようになっています。2009年9月にサイバーエージェントの完全子会社となりました。

「私たちはサンフランシスコに最初のオフィスを開くことをとても嬉しく思っています。景気後退の中でも米国でのプレゼンスを伸ばすという需要は依然として大きいものがあります。オンラインゲーム市場は拡大する一方で細分化され、グローバル市場に打って出なければ大きなユーザー数を獲得するのは困難になりつつあります。私たちは誰もが簡単にアクセスできるゲームを主軸に、世界中のユーザーを最大限楽しませるという新たな取り組みを、ここ米国で始めるつもりです」とグローバルオペレーション担当のMasaru Ohnogi氏はコメントしています。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら