Krome Studios、スタッフの一部をレイオフ―豪州の大手デベロッパー | GameBusiness.jp

Krome Studios、スタッフの一部をレイオフ―豪州の大手デベロッパー

その他 その他

オーストラリアのゲーム開発会社で、『Star Wars: The Force Unleashed』(ルーカスアーツ Wii/PS2/PSP)や『あつまれ!ピニャータ』(マイクロソフト Xbox360)などを手がけたことで知られるKrome Studiosは、昨今のゲーム不況からレイオフを計画しているということです。

「残念な事に3つの拠点から、何人かの人が去ることになってしまいました。ゲーム販売が減少し、ゲーム業界は強く不況の影響を受けています。極力影響を減らすべく努力をしましたが、Kromeもコストを削減する必要に迫られています。決断は厳しいものですが、Kromeの将来を確保するためのものです」

とCEOのRobert Walsh氏は述べています。

一方で「しかしながらKromeは様々なビジネスパートナーとの間で、新たな取り組みを模索しています。もし上手くいけば、何人かの人にも戻ってもらう機会を提供できるでしょう」とも話しています。

オーストラリアを代表するデベロッパーとして、著名タイトルにも携わってきたKrome Studiosさえもレイオフを迫られるという厳しい状況があります。これから年末商戦ですが、明るい兆しは見えるでしょうか。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら