“マリオの父”宮本氏はユーザーがステージを作るゲームに興味津々 | GameBusiness.jp

“マリオの父”宮本氏はユーザーがステージを作るゲームに興味津々

その他 その他

宮本茂氏はユーザーがステージを作るゲームに前向きの姿勢を示しました。

海外ゲームサイトJoystiqが宮本氏に「『スーパーマリオブラザーズ』にステージエディット機能を付けますか?」と質問したところ、宮本氏は「とても興味があります。ステージエディットの機能は、特に横スクロール型のマリオに合っていると思います」と答えたとのこと。

「『マリオvs.ドンキーコング』シリーズは北米でNSTが開発しているものだけれど、僕らは早い段階からステージエディットを可能にする方法に関して沢山の議論を重ねてきました。僕らは最近ニンテンドーDSiで『うごメモはてな』をリリースしましたが、これはユーザーが作ったものを世に出して他の人と共有してもらうためのユーティリティもしくはツールなんです」
「僕はこういうインタラクティブ経験が広がっていき、ユーザー生成コンテンツも進歩していくだろうと考えています。こうしたクリエイティブなツールへの関心が常にあったので、近い将来確実にその種のアイデアを公開するでしょう」とユーザー生成コンテンツへの高い関心を明らかにしました。

プレイヤーがゲームのステージや音楽などを作る「ユーザー生成コンテンツ」はゲームの寿命を延ばすと同時にプレイヤーコミュニティの形成を促進します。特に後者は現在のゲームにおいてヒットの重要な鍵といっても差し支えないでしょう。

任天堂は『マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大行進!』『メイドイン俺』シリーズなどの作品でユーザー生成コンテンツを取り扱ってきましたが、今後もこの方向性を推し進めていく模様。宮本氏がどのようなアイデアを温めているのか、とても楽しみですね。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら