「Wiiの再度の値下げはない」米国任天堂の社長が言明 | GameBusiness.jp

「Wiiの再度の値下げはない」米国任天堂の社長が言明

その他 その他

Wiiの値下げが話題になっていますが、再度の値下げはあるのでしょうか。

米国任天堂(任天堂オブアメリカ:NOA)のReggie Fils-Aime社長兼COOは、CNBCのインタビューにおいて「(再度の値下げは)絶対にない」と答えたとのことです。

氏は「4月にニンテンドーDSiを発売して220万台を売った。この経験から今年のホリデーシーズンも非常によいものだと感じている。我々は値段というものを“あなたが何かを手に入れるために支払うもの”であると定義する。Wiiにおいては50米ドル値下げしており、あなたは値段以上のものを手に入れているのだ」とコメントしています。

任天堂はこれまでWiiの値下げに関して慎重な姿勢を取ってきました。岩田聡社長は「まるでそれがオールマイティの武器であるように値下げに関して語るが、値下げの効果は限られている。ビデオゲームの歴史においては、値下げした直後は売上が上がるが、勢いは続くことなく値下げ前のレベルに落ちる」とコメントしており、値下げ自体が売り上げアップの切り札にはなり得ないとする見解を明らかにしています。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら