携帯でXbox360並みの描写を実現・・・『地球防衛軍3 Mobile』はエイチアイの「eruption」を採用 | GameBusiness.jp

携帯でXbox360並みの描写を実現・・・『地球防衛軍3 Mobile』はエイチアイの「eruption」を採用

その他 その他

D3パブリッシャーが同社のiモード向け携帯サイト「ウリキリSIMPLEシリーズ」にて配信中の『地球防衛軍3 Mobile』は、エイチアイの3D描画エンジン「MascotCapsule eruption」を採用し、その美しいビジュアルを実現したそうです。

『地球防衛軍3 Mobile』は、Xbox 360で発売されたシリーズ作品をベースに、モバイルアプリでは再現不可能と思われていた巨大な敵や、リアルタイムに描きこまれる背景の3D建造物など、今までの携帯ゲームの枠を超えた作品になっています。



「MascotCapsule eruption」はOpenGL ES 1.0/1.1対応の3D描画エンジン。高速化が進んでいる3Dハードウェアアクセラレータの性能を充分に引き出し、高いフレームレートかつ、高い表現力のコンテンツを開発することを可能とします。市販の3D制作ツール(Autodesk 3ds Max、Autodesk Mayaなど)で作成したモデルやアニメーションのデータをロードすることができる他、さまざまな演出機能や効果もあらかじめ装備しています。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら