英国でゲーム内広告評議会が設立−米国基準の適用に関して調査 | GameBusiness.jp

英国でゲーム内広告評議会が設立−米国基準の適用に関して調査

その他 その他

英国Internet Advertising Bureau(IAB)はゲーム広告評議会を設立すると発表しました。

IABはオンライン広告に関するマーケティングを英国や米国などで行っていますが、今回ゲーム広告評議会を設立するのは英国IAB。

米国IABが同様の評議会を作ったことをうけて、マーケットと市場、広告主、IABのメンバーの要請に応えた形で独自の評議会を設立。米国IABが制作中の基準が英国で使用可能かどうかを12ヵ月に渡って調査することがスタート地点とされています。

英国IABのシニアプログラムマネージャー兼ゲーム評議会のゲーム評議会のコーディネイターであるJack Wallington氏は「ゲームは世界で最も大きく、熱中でき、魅力的なエンターテイメント・プラットフォームだが、マーケットの大部分には誤解されたまま。米国のゲーム産業は成功しており、英国でも同様かどうかを調査する」とコメント。5500万ドル(約52億円)規模とされる米国のゲーム内広告に続くとする旨を明らかにしました。

ゲーム内広告はWEB上の広告よりもターゲットを絞り込むことが可能とされており、オバマ大統領の選挙戦で使用されるなど注目のメディア。プレイヤー的に気になるのはゲームの雰囲気といかにマッチしているかであり、ゲーム体験を尊重する形での広告展開が期待されます。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら