ユービーアイソフト代表、モーションコントロールはコアゲーム向きではない | GameBusiness.jp

ユービーアイソフト代表、モーションコントロールはコアゲーム向きではない

その他 その他

E3で大々的に発表となったProject NatalとPS3のモーションコントローラー。新たなゲームの可能性を感じさせるこの周辺機器に対し、Ubisoftの社長Yves Guillemot氏はコアなアクションゲームは恐らく今まで通りコントローラーで遊び続けられるだろうと発言しています。

Yves Guillemot:ゲーマーにとって今のパッドは十分な物です。彼らは何時間とプレーするので立ったりしゃがんだりして5分後に疲れていたくないでしょう。

Guillemot氏は将来、Raymanシリーズを含む80%のファミリーゲームに、モーションセンサーコントロールを利用する事になると予想しながら、アサシンクリードやSplinter Cellのようなコアゲームが、モーションセンシングされる事に関しては否定的な意見を持っているようです。
(ソース: CNBC)
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら