ミドルウェアのニュース記事一覧(2 ページ目) | ゲーム開発 | GameBusiness.jp

ゲーム開発 ミドルウェアニュース記事一覧(2 ページ目)

GTMF 2016、事前来場者の登録受付を開始―VR体験やマッチング企画「GTMF Meet-Ups」など 画像
ゲーム開発

GTMF 2016、事前来場者の登録受付を開始―VR体験やマッチング企画「GTMF Meet-Ups」など

大阪では7月5日に、東京では7月15日に開催が予定されているゲーム・アプリ業界向けツール&ミドルウェア総合イベント「GTMF 2016(Game Tools & Middleware Forum 2016)」ですが、5月23日より事前来場者登録受付が開始されました。

オートデスク、レンダラー「Arbold」を開発するSolid Angleを買収 画像
ゲーム開発

オートデスク、レンダラー「Arbold」を開発するSolid Angleを買収

オートデスクは、レイトレーシングレンダラー「Arnold」を開発するSolid Angleを買収したと発表しました。金額は非公開。

「CRI ADX 2」がバンダイナムコのVRプロジェクトに採用 画像
ゲーム開発

「CRI ADX 2」がバンダイナムコのVRプロジェクトに採用

CRI・ミドルウェアは、バンダイナムコエンターテインメントが展開するVRプロジェクト「Project i Can」に統合サウンド環境の「CRI ADX 2」が採用されたと発表しました。

シリコンスタジオとEIZO、HDR規格向けソリューションで協業 画像
ゲーム開発

シリコンスタジオとEIZO、HDR規格向けソリューションで協業

シリコンスタジオとディスプレイメーカーのEIZOは、NHKやBBCが推進するHDR(ハイダイナミックレンジ)規格への対応に向けて協業すると発表しました。

CRI・ミドルウェア、Steam向けの新ライセンスプランを導入 画像
ゲーム開発

CRI・ミドルウェア、Steam向けの新ライセンスプランを導入

CRI・ミドルウェアは、市場が拡大しているPCゲームダウンロード販売プラットフォーム「Steam」向けの新ライセンスプランを提供開始しました。

CRI・ミドルウェア、2016年のロードマップを発表・・・VRやスマホ関連の拡充 画像
ゲーム開発

CRI・ミドルウェア、2016年のロードマップを発表・・・VRやスマホ関連の拡充

CRI・ミドルウェアは、2016年のロードマップを公開し、VR向け機能の強化やスマートフォン向けの演出技術や開発環境を拡充していくことを明らかにしました。

【GDC2016】会場で気を吐く日本企業、CRI、シリコンスタジオ、ミライセンス、H2L 画像
ゲーム開発

【GDC2016】会場で気を吐く日本企業、CRI、シリコンスタジオ、ミライセンス、H2L

ミドルウェアやツールの展示が充実。スタートアップも続々出展中のエキスポ会場をチェック

【GDC 2016】ARM傘下のGeometrics、オープンワールドでのリアルタイムのグローバルイルミネーションを実現 画像
ゲーム開発

【GDC 2016】ARM傘下のGeometrics、オープンワールドでのリアルタイムのグローバルイルミネーションを実現

英ARM傘下のGeometricsは同社が提供するリアルタイムグローバルイルミネーション技術「Enlighten」で、広大なオープンワールドにおけるリアルタイムのグローバルイルミネーションを実現したと発表しました。

ブロックチェーンを用いたゲーム用バックエンドエンジンを開発、GMOとテックビューロ 画像
ゲーム開発

ブロックチェーンを用いたゲーム用バックエンドエンジンを開発、GMOとテックビューロ

GMOインターネットとテックビューロは業務提携し、テックビューロのプライベート・ブロックチェーン技術「mijin」をベースとしたゲーム用バックエンドエンジンを共同開発すると発表しました。

CRI・ミドルウェア、高画質かつ軽量な動画データを実現する「CRI DietCoder」提供開始 画像
ゲーム開発

CRI・ミドルウェア、高画質かつ軽量な動画データを実現する「CRI DietCoder」提供開始

音声・映像関連のミドルウェアブランド「CRIWARE(シーアールアイウェア)」を展開するCRI・ミドルウェアは、H.264やMP4の動画データを画質劣化無しで半分に圧縮する「CRI DietCoder」の提供を開始しました。

「SS5Player for UnrealEngine4」を使ったゲーム開発(2)・・・「OPTPiXを256倍使うための頁」第22回 画像
ゲーム開発

「SS5Player for UnrealEngine4」を使ったゲーム開発(2)・・・「OPTPiXを256倍使うための頁」第22回

「OPTPiXを256倍使うための頁」の最新号では、第20回に引き続き「SS5Player for UnrealEngine4」を用いた、サンプルゲーム開発をレポートしていきます。

企業のインターン研修でOPTPiX SpriteStudioアカデミックライセンスを活用・・・「OPTPiXを256倍使うための頁」第21回 画像
ゲーム開発

企業のインターン研修でOPTPiX SpriteStudioアカデミックライセンスを活用・・・「OPTPiXを256倍使うための頁」第21回PR

「夢を描いて、動かそう。ショートアニメ制作からゲーム開発まで。」のキャッチコピーでおなじみの、みなみなさまにご好評いただいているアニメーション作成ツール OPTPiX SpriteStudio。

インゲームボイスチャットとインゲームビデオキャプチャー・・・「ゲームアプリをソーシャル化するAppSteroid」第7回 画像
ゲーム開発

インゲームボイスチャットとインゲームビデオキャプチャー・・・「ゲームアプリをソーシャル化するAppSteroid」第7回

今回は前回ご説明したチャットの流れでインゲームボイスチャットについて最初に解説し、さらにプレイの様子を動画として保存するためのインゲームビデオキャプチャー(現在iOSのみ対応)機能の実装方法をご紹介します。

「SS5Player for UnrealEngine4」を使ったゲーム開発(1)・・・「OPTPiXを256倍使うための頁」第20回 画像
ゲーム開発

「SS5Player for UnrealEngine4」を使ったゲーム開発(1)・・・「OPTPiXを256倍使うための頁」第20回

「OPTPiXを256倍使うための頁」の最新号では、「SS5Player for UnrealEngine4」を用いて、サンプルゲーム開発をレポートしていきます。

モノビット、「モノビットリアルタイム通信エンジン for Cocos2d-x」のiOS版を無料公開 画像
ゲーム開発

モノビット、「モノビットリアルタイム通信エンジン for Cocos2d-x」のiOS版を無料公開

株式会社モノビットが、ゲーム向け通信ミドルウェア「モノビットリアルタイム通信エンジンfor Cocos2d-x」のiOS対応版を無料公開した。

『モンスト』など、スマホゲームのマルチメンバー募集が容易に!Lobi、「マルチプレイ募集」機能をリリース 画像
ゲーム開発

『モンスト』など、スマホゲームのマルチメンバー募集が容易に!Lobi、「マルチプレイ募集」機能をリリース

東京ゲームショウ2015にてカヤックは、同社が運営するスマートフォンゲームコミュニティサービス「Lobi(ロビー)」で、詳細な条件を指定してメンバー募集が行える「マルチプレイ募集」機能のリリースを2015年10月に予定していると発表しました。

KDDI、モバイルアプリ/IoTデバイス開発基盤「mBaaS by Kii」提供開始 画像
ゲーム開発

KDDI、モバイルアプリ/IoTデバイス開発基盤「mBaaS by Kii」提供開始

KDDIとKiiは29日、業務提携を発表した。30日より、法人向けクラウド基盤「KDDIクラウドプラットフォームサービス」において、イントラネット接続型モバイルアプリ/IoTデバイス開発基盤「mBaaS by Kii」を共同で提供する。

【CEDEC 2015】開発支援ツールを手掛けるインテリジェントシステムズが語る、テスト自動化の重要性 画像
ゲーム開発

【CEDEC 2015】開発支援ツールを手掛けるインテリジェントシステムズが語る、テスト自動化の重要性

8月26日から28日にかけて開催されたCEDEC 2015。本稿では、インテリジェントシステムズのツール開発チームにおける、テスト自動化に関する公演の模様をお伝えします。

【CEDEC 2015】3Dアセットの自動最適化を図るミドルウェア、Simplygonの実力を間近でチェック! 画像
ゲーム開発

【CEDEC 2015】3Dアセットの自動最適化を図るミドルウェア、Simplygonの実力を間近でチェック!

ハイポリのCGモデルをまとめて最適化処理してくれるミドルウェア「Simplygon」。PS4とPS Vitaのマルチ開発、さらには3Dスキャナで作成したハイポリモデルのリダクションなどが短時間で可能だとして、国内でも採用事例が増加しています。

コミュニティ機能を使って友達とつながる・・・「ゲームアプリをソーシャル化するAppSteroid」第6回 画像
ゲーム開発

コミュニティ機能を使って友達とつながる・・・「ゲームアプリをソーシャル化するAppSteroid」第6回

今回はコミュニティ機能の利用方法と実装方法についてです。友達申請やメッセージ送信といった機能の利用方法から、開発側にとって実装の自由度が高いインゲームチャットまで解説します。