ソニーのAR技術「SmartAR」を使って独自アプリを開発できる「SmartAR SDK」を発売

ゲーム開発 研究開発

ソニーのAR技術「SmartAR」を使って独自アプリを開発できる「SmartAR SDK」を発売
  • ソニーのAR技術「SmartAR」を使って独自アプリを開発できる「SmartAR SDK」を発売
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社が、ソニーの統合型AR技術「SmartAR」を使用しPCやスマートフォン向けの独自アプリを作成するためのソフトウェア開発キット「SmartAR SDK」を明日1月28日(木)より発売する。

「SmartAR」は、物体認識技術により従来のAR技術で必要とされた特定のパターン画像(ARマーカー)が不要のAR技術。指定した画像を認識しコンテンツを表示するため自然なインタラクションが実現している。また認識した画像の動きに追従し、画像のずれによる違和感を低減しているほか、独自開発の高速画像処理エンジンにより、処理能力の限られるスマートフォンをはじめとしたモバイル環境でも快適に動作する。さらに端末のカメラが捉えている空間の3次元構造を認識することで、認識した画像に物体が張り付くだけのARではなく、空間全体を利用したARコンテンツの表示も可能となっている。対応プラットフォームはiOS、Android、Unity、Windowsで価格は10万円から。

■商品概要
<商品名>
SmartAR(R) SDK

<発売日>
2016年1月28日(木)

<対応プラットフォーム>
iOS、Android、Unity、Windows

<販売希望価格(税別)>
Standard版              :10万円/アプリ
Standard版(評価用ライセンス)     :無償
Enterprise版             :100万円/年
Enterprise版(Windows用評価ライセンス):5万円

<URL>
http://www.cybernet.co.jp/ar-vr/products/smartar/
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら