アイカーン氏、テイク2への出資比率を13.7%まで増やす | GameBusiness.jp

アイカーン氏、テイク2への出資比率を13.7%まで増やす

その他 その他

アクティビスト投資家として知られるカール・アイカーン氏がテイク2インタラクティブ(Take-Two Interactive)の株式の12%を1月に取得したのは記憶に新しいところですが、引き続き買い増しし、現在では13.7%まで増やしているということです。

アイカーン氏は取締役会を変えることを要求。CEOだったBen Feder氏を含め3人を交代させました。また同時に、息子であるブレット・アイカーン氏も取締役に就任しています。

多くのテクノロジー企業を含む様々な企業で物言う株主として活躍してきたアイカーン氏。近年ではマイクロソフトと共同でヤフーの買収に乗り出して注目を集めました(最終的には検索事業での提携に落ち着く)。テイク2でも全面的な買収に持ち込むのではないかという観測もあるようです。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら