【GDC2010】Valve、SteamのMac対応を正式に発表・・・クロスプラットフォームも可能に | GameBusiness.jp

【GDC2010】Valve、SteamのMac対応を正式に発表・・・クロスプラットフォームも可能に

その他 その他

Valveは同社のゲームプラットフォームSteamをMacに対応させると正式に発表しました。

Macに対応するタイトルは、『Left 4 Dead』シリーズ、『Half-Life』シリーズ、『Team Fortress 2』、『Counter-Strike』、『Portal』などの同社の人気作品で、いずれも2010年4月にSteamと同時にリリース予定。今年秋に発売されるPortal 2を皮切りに、今後Valveの新作は、PC、Mac、Xbox 360というプラットフォームが定番化していくようです。

Mac版のSteamは、既存のSteamworksに対応するのはもちろん、新たにSteam Playなる新機能を搭載。ユーザーが一旦Steam上でデジタル購入した作品は、PCとMac両方でプレイ可能になる他、パッケージ版にも(ソフト一本分の価格で)PCとMac両方のバージョンが収録される模様。PC版のプレイ経過をSteam Cloudストレージ上にセーブし、続きをMac版でプレイすることもできるそうです。

また、『Left 4 Dead』公式ブログが確認した情報によると、Steam Playの機能によりPC版のユーザーとMac版のユーザーでクロスプラットフォームプレイが可能になるとのこと。詳しい対応タイトルは不明ですが、『Left 4 Dead』と『Left 4 Dead 2』の名前が確認されています。

Valveは、Mac版Steamの完全な対応タイトルリストやシステム環境を近々発表すると伝えています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら