アクティビジョン、複数の開発会社をレイオフ | GameBusiness.jp

アクティビジョン、複数の開発会社をレイオフ

その他 その他

アクティビジョン・ブリザードがオープンワールドゲームの『Prototype』等を開発したRadical Entertainmentに対し、同スタジオの約半数となる90人以上の従業員を解雇していた事が明らかとなりました。

また、海外のBinge Gamerが伝える所によると、『Guitar Hero』や『Tony Hawks』シリーズでお馴染みのNeversoftに対しても解雇通知が与えられたようです。

Binge Gamerでは未発表ながらも『Guitar Hero 6』に取り組んでいる事や、ゲーム完成後にレイオフが行われる事を報告。そして『Guitar Hero』のフランチャイズまでもが、DSやWii版の開発を手掛けたVicarious Visionsに引渡されると明らかにしています。

その他、『Transformers: Revenge of the Fallen』等を手掛けたLuxofluxも、レイオフの一環として閉鎖されるようです。

2009年に発売された『Prototype』以降、新作を発表していなかったRadical Entertainmentですが、昨年にはスパイダーマンの新作ゲームを開発している噂や、『Prototype』のWii移植とも思えるプログラマーの募集も呼びかけていました。

今回の大規模なレイオフを敢行したアクティビジョン・ブリザードですが、一部の情報筋の間では、ディズニーのMarvelライセンス買収がその一因になったという見方もあるようです
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら