アトラスUSA、『3Dドットゲームヒーローズ』の北米向けライセンスを獲得 | GameBusiness.jp

アトラスUSA、『3Dドットゲームヒーローズ』の北米向けライセンスを獲得

その他 その他

アトラスUSAは北米市場において、シリコンスタジオが開発し国内ではフロムソフトウェアから発売になるPS3向け『3Dドットゲームヒーローズ』(3D Dot Game Heroes)についてライセンスを獲得し、2010年5月11日に発売すると発表しました。

本作は、懐かしい8ビット時代を思い起こすような要素を散りばめたアクションアドベンチャーゲームです。クラシカルなスタイルに、プレイステーション3でしか実現しなかった最新テクノロジーをふんだんに盛り込み、古くも新しいゲームとなっています。

半年後の発売ですが、どのような受け入れられ方をするのか楽しみです。

アトラスUSAはアトラスの米国子会社として、アトラス製品をローカライズして発売しているほか、他社ブランドの国産タイトルも積極的に獲得して発売しています。『風来のシレン3』(セガ)、『喧嘩番長』(スパイク)、『スティールプリンセス』(マーベラス)といったタイトルが挙げられます(括弧内は国内でのパブリッシャー)。本拠地はカリフォルニア州アーバイン。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら