今年のゲームソフトは数%の売上低下?−アナリストが予測する原因とは? | GameBusiness.jp

今年のゲームソフトは数%の売上低下?−アナリストが予測する原因とは?

その他 その他

2009年のゲームの売り上げは数%減少するかも知れないそうです。

Wedbush Morgan証券のアナリストであるMichael Pachter氏は、米国及び英国における2009年の売上高が前年から4%減少するかも知れないと推測しています。

Pachter氏は今年5月の時点で、ソフトウェアの売上は4%増加すると予測していましたが、それを撤回。

「今年中頃、消費者が据置ゲーム機に対し倦怠感を覚えた……というのが2009年の売上低下に関する我々の意見です。売上低下を予測する最大の理由はWiiのハードウェアとソフトウェアのセールスが下方修正されることです」とコメントしています。

但しPachter氏は「据置ゲーム機に対する倦怠感」は払拭されると見ているようで、ソフトウェアの売上高は2010年に11%、2011年には8%成長すると推測しています。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら