揺れるオーストラリアのレーティング−暴力ゲームのインタラクティブ性を危険視 | GameBusiness.jp

揺れるオーストラリアのレーティング−暴力ゲームのインタラクティブ性を危険視

その他 その他

オーストラリアのゲームレーティングはまだまだ波乱を呼びそうです。

オーストラリアではOffice of Film and Literature Classification(OFLC)と呼ばれる機関がゲームのレーティング(年齢指定)を担当しています。最も高いものが「15歳未満販売禁止」を現す「MA15+」。つまり、18歳以上向けに相当するレーティングが存在してないのです。

南オーストラリア検事総長であるMichael Atkinson氏は18歳以上向けのレーティング導入に反対。「確かに選択の余地は少なくなるが、子供と傷つきやすい大人を守るためのものであり、私の意見では小さな犠牲を払うだけの価値はある」と現在のレーティングは妥当なものであると主張。「暴力ゲームを遊ぶことは、暴力的かつ犯罪的な振る舞いに参加すること」とゲームのインタラクティブ性を危険視したコメントを発表しています。

これに疑問を提示する動きもあります。ビクトリア州の検事総長Rob Hulls氏は「オーストラリアの大人達はR18+に指定されたアダルトオンリーのフィルムを見ることができるが、ビデオゲームに同様のものがないのは矛盾している」「現在のレーティングシステムは世界と足並みが揃っていない」と批判しています。

オーストラリアでは、先日もゾンビの群れと戦うFPS(一人称シューティング)『LEFT 4 DEAD2』を国内販売不可としたばかり。オーストラリアのゲーマーには受難の日々が続きそうです。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら