バンダイナムコオンラインが10月1日付で設立 | GameBusiness.jp

バンダイナムコオンラインが10月1日付で設立

その他 その他

バンダイナムコグループは、グループのオンラインゲーム事業を統括する新会社「バンダイナムコオンライン」を10月1日付でバンダイナムコゲームスから分割する形で設立しました。

バンダイナムコオンラインでは開発力、運営力を強化するとともに、アジアなどの海外市場での展開に着手。中長期的にオンラインゲームをグループのゲームコンテンツ事業における新たな柱にしたいとしています。

バンダイナムコオンラインは資本金5000万円。従業員は約20名で、代表はバンダイナムコゲームス執行役員 NE事業本部 副本部長の浅沼誠氏が就任しています。同社が運営する主なオンラインゲームは以下の通りです。

「ガンダムネットワークオペレーション2」(サービス中)
多人数参加型インターネット専用シミュレーションゲーム
(開発・運営:バンダイナムコゲームス 開発協力:NTTデータ)

・「ガンダムネットワークオペレーション3」(今冬サービス開始予定)
多人数参加型インターネット専用シミュレーションゲーム
(開発・運営:バンダイナムコゲームス 開発協力:NTTデータ)

・「突撃!合戦スタジアム」(サービス中)
戦国わらわら合戦アクションゲーム
(開発:バンダイナムコゲームス 運営:NHNJapan)

・「プロ野球ファミスタオンライン」(サービス中)
オンライン対戦型野球ゲーム
(開発:バンダイナムコゲームス 運営:NHNJapan)

・「NikQ(ニクキュー)」(今秋サービス開始予定)
ブラウザで気軽に遊べるマルチぼこすかRPG
(開発:バンダイナムコゲームス 運営:キューエンタテインメント)
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら