ルイジアナ州知事、ゲーム関連企業への減税措置を承認 | GameBusiness.jp

ルイジアナ州知事、ゲーム関連企業への減税措置を承認

その他 その他

報道によれば、米国ルイジアナ州のボビー・ジンダル州知事は、ビデオゲームを含むデジタルインタラクティブメディア業界に対する減税措置を承認しました。米国のゲーム業界団体ESA(The Entertainment Software Association)はこれを歓迎する声明を発表しています。

承認された「ルイジアナ・デジタルメディア法」は、ルイジアナ州に拠点を置くデジタルインタラクティブ関連の企業に対して、25%の税額控除と10%の給与減税を与えるものです。ESAによれば、ゲーム業界には直接的/間接的に8万人以上が従事していて、ルイジアナ州では4381人が雇用されていて、この数字は2001年と比べて8%増加しているそうです。

ESAのMichael D. Gallagher会長は「私達は州知事の強力なリーダーシップと、次世代のゲーム業界の革新を助ける今回の措置を歓迎します。パブリッシャーも、何年も同じ場所で生活し、仕事をします。ゲーム業界への支援は、どんなエンターテイメント産業向けのものよりも大きなリターンを生むことでしょう」と述べています。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら