スクエニ、Eidosの販売部門を吸収して新グループ設立。社員のレイオフも | GameBusiness.jp

スクエニ、Eidosの販売部門を吸収して新グループ設立。社員のレイオフも

その他 その他

今年4月にEidos Interactiveの買収を完了させたスクウェア・エニックスですが本日、同社はEidosの販売部門を撤退させ、新グループのSquare Enix Europe(仮称)を立ち上げて、欧州における両社のゲームパブリッシングを引き継ぐと発表しました。

この再編成により、Eidosのパブリッシングレーベルは消滅しますが、Eidosの名前やブランドは開発会社として今後も継続使用されるとのこと。また、Square Enix EuropeはEidosの現CEOであるPhil Rogers氏が指揮をとることになります。

一方、北米地域においては、Square Enix North AmericaのJohn Yamamoto氏の指揮の下で、Eidosの全機能はSquare Enixに委譲されるとのこと。

同社がUKのメディアに向けて発表した内容によると、今回の吸収・再編成に伴って、人数は不明ながら、北米と欧州地域の社員を対象にレイオフが行われる模様です。(ソース: CVG: Square Enix Europe formed)
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら