iPhone向けゲームは4ヶ月で倍に・・・1万3000本がAppStoreに | GameBusiness.jp

iPhone向けゲームは4ヶ月で倍に・・・1万3000本がAppStoreに

その他 その他

iPhone/iPod touch向けのアプリケーションストアAppStoreにて公開されているゲームの総数が1万3000本を突破しました。ゲームの総数は4ヶ月で倍という勢いで増加していて、App Storeのカテゴリの中でも最大の約20%を占めています。次いで多いのはエンターテイメント、電子書籍、ユーティリティ、教育、旅行、ライフスタイルという順です。

App Storeの統計を取っているModclixによれば、ゲームのうち無料のものは22.6%で、残りの77.4%が有料ゲームです。ジャンル別ではパズルが16.4%、アクションが11.2%、アーケードが11.1%です。

最も人気を集めている無料ゲームは『iHangon』(Kaoru)、有料ゲームでは『ヒーロー・オブ・スパルタ』(ゲームロフト)となっています。

AppStoreのソフト増加の伸びはそのままiPhoneの勢いとも言えそうです。その一方で、1万3000本あるゲームのうちその99%は埋もれてしまっている状態で、いかに良いゲームがロングテールで売れる市場にするかが焦点になりそうです。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら