『ファイナルファンタジーXI』のユーザーがスクウェア・エニックス米法人を集団訴訟 | GameBusiness.jp

『ファイナルファンタジーXI』のユーザーがスクウェア・エニックス米法人を集団訴訟

その他 その他

アメリカでファイナルファンタジーXIのユーザーらが、スクウェア・エニックス米法人に対し、500万ドル以上の損害賠償を求める集団訴訟を起こしたそうです。Courthouse News Serviceが報じました。

原告の代表であるEsther Leong氏の訴えによると、スクウェア・エニックスは、ファイナルファンタジーXIの月額料金システム、支払遅延のペナルティー、アカウント停止中の課金、その他重要な制約事項等、商品購入時に知らせるべき必要な情報を告示せず、不公正な商法や虚偽の広告で不当に利益を得ていたとのこと。

被害を受けたとする原告側は500万ドル以上の損害賠償を要求。PDFの訴状がこちらで公開されています。この件についてスクウェア・エニックスから正式な回答はまだ発表されていません。(ソース: Courthouse News Service: )
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら