米国特許庁、毛糸ACT『Unravel』商標を棄却 | GameBusiness.jp

米国特許庁、毛糸ACT『Unravel』商標を棄却

その他 事件

米国特許庁、毛糸ACT『Unravel』商標を棄却
  • 米国特許庁、毛糸ACT『Unravel』商標を棄却
国内外で2月9日のリリースを予定しているColdwood Interactive開発/Electronic Arts販売の新作プラットフォーマー『Unravel』。毛糸をモチーフにした愛らしいキャラクターやミニチュア風のステージを特徴とした癒し系アクションとも呼べる本作の商標が、米国特許商標庁(USPTO)Webサイトより棄却されていたことが明らかになりました。

海外フォーラムNeoGAFユーザーの報告によれば、USPTOは昨年12月25日より『Unravel』に関する2つの商標を撤回していたとのこと。これにより本作の「コンピューターゲームソフトウェア」および「エンターテイメントサービス等」としてのトレードマークが取り下げられています。ボードゲーム作品『Beary’s Unravel Game』と名称が似ていることから由来するもので、USPTOは「顧客を混乱させかねないもの」と述べています。

これについてEAはGameWatcherを通して、「商標登録の撤回は『Unravel』自体に影響はない」とコメント。これまで通り「2月9日リリース予定」としてプロジェクトを進行していく方針です。
《subimago》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら