Bioware「J-RPGの下降は進化の不足が原因、未だに同じ体験しかできない」 | GameBusiness.jp

Bioware「J-RPGの下降は進化の不足が原因、未だに同じ体験しかできない」

その他 その他

最近では『Mass Effect』や『Dragon Age』といったRPGで知られるBiowareが、日本のRPGについてコメントしています。同社の創設者でもあるGreg Zeschuk氏が海外サイトのインタビューに応え、北米のユーザー間でJ-RPGから西洋風のRPGヘのユーザーの移行が進んでいるのでは、という質問に対し以下のように話しています。

“J-RPGの下降は、主に進化(Evolution)と進歩(Progression)の不足が原因です。彼らは、繰り返し同じものを提供し続けてきました。飾り付けは豪華になってますし、見た目も良くなっています。しかしそれは未だに同じ体験でしかありません。”

“そこには未だジョークとも言えるダイアローグシステムがあります。誰かが私に尋ねます。「あなたは〜をしたいですか?」私は「ノー」と答えます。あなたは〜をしたいですか、ノー、あなたは〜をしたいですか、ノー……私に「イエス」と言わせたい。不幸にも、これがJ-RPGを特徴づけているのです。”


Zeschuk氏は、最近の日本のRPGでも(彼が大好きなゲームのひとつ)デモンズソウルのような例外もあると認め、また一方で「ロールプレイング」の定義が日本以上に北米で変わりつつあるとも話しています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら