「ニンテンドースイッチ」はNVIDIA製Tegraプロセッサーを採用 | GameBusiness.jp

「ニンテンドースイッチ」はNVIDIA製Tegraプロセッサーを採用

企業動向 発表

「ニンテンドースイッチ」はNVIDIA製Tegraプロセッサーを採用
  • 「ニンテンドースイッチ」はNVIDIA製Tegraプロセッサーを採用
10月20日、任天堂は次世代ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発表。合わせて、GPU大手NVIDIAがリリースにて同ゲーム機にNVIDIA製Tegraプロセッサーが採用されていることを明らかにしました。

リリースによると「ニンテンドースイッチ」はNVIDIAと共同開発されたもので、アルゴリズム、コンピュータアーキテクチャ、システムデザイン、システムソフトウェア、API、ゲームエンジン、周辺装置といった、必要な要素のほとんどを協力し開発されているとのこと。

「ニンテンドースイッチ」に採用されているTegraプロセッサーはGeForceグラフィックカードと同じアーキテクチャであるとことから、「Pascal」世代のカスタムTegraプロセッサーであると予想されます。

また、ゲーミングAPIも任天堂とNVIDIAが共同で開発しており、改良された物理演算エンジン、新しいライブラリ、高度なゲームツールやライブラリなど、フルカスタムのソフトウェアが用意されているとのこと。

「ニンテンドースイッチ」のコンセプト自体、NVIDIAが展開していた「Nvidia Shield Tablet」とほぼ同じである点も注目されます。
《Daisuke Sato》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら