Unityの新しいプロダクトライセンスが発表―個別のアドオンを廃止 | GameBusiness.jp

Unityの新しいプロダクトライセンスが発表―個別のアドオンを廃止

ゲーム開発 ゲームエンジン

Unityの新しいプロダクトライセンスが発表―個別のアドオンを廃止
  • Unityの新しいプロダクトライセンスが発表―個別のアドオンを廃止
  • Unityの新しいプロダクトライセンスが発表―個別のアドオンを廃止
2D、3DおよびVR、ARのゲーム開発における開発プラットフォームを提供するUnity Technologiesは、オランダ・アムステルダムで開催中の「Unite Europe 2016」にて、Unityを3種類の新しいライセンスに移行することを発表しました。新しいライセンスは、いずれも全てのプラットフォームを利用可能で、iOSおよびAndroidアドオンも統合されています。

■新しい3種類のライセンスは常に最新版を利用可能なサブスクリプション形式に

ライセンス名:Unity Personal
プラットフォーム:全てのプラットフォームが利用可能
価格:無料($100,000USD以下の売上の方ならば誰でも利用可能)

Unity Personalでは無料で全ての機能が利用可能です。Personalを通して、Unityは誰でもゲームを開発できる最高の開発環境を提供し続けます。Unity PersonalにはUnity Adsも統合されているため、広告収入を通じてあなたの成功をお手伝い出来ます。さらにAnalyticsの基本機能も利用可能なので、あなたのゲームがどのように遊ばれているかを調査、理解することもできます。


ライセンス名:Unity Plus
プラットフォーム:全てのプラットフォームが利用可能
価格:5,880円/月($49USD)、年間一括払いで4,200円/月($35USD)
($100,000USDの売上制限有)

Unity PlusはProが必要なほどではないものの、開発したゲームを市場にリリースするためにより強力なサポートを必要とする方に向けた新商品です。ゲーム制作を加速させるためにベストなアセットを組み合わせて設計された「アセットストア・プロジェクトパック」や、ゲームのリリース前に問題を発見して最適化できるGame Performance Reportingサービス、Unity Analyticsのリアルタイムデータフィードなどがその他の基本機能に加えて利用可能です。


ライセンス名:Unity Pro
プラットフォーム:全てのプラットフォームが利用可能
価格:15,000円/月($125USD)、1年以上の契約が前提
(売上制限なし)

Unity Proは個人から小~中規模のプロフェッショナルな開発者に向けたライセンスです。パワフルで効率的、Unity Proは昨今の多くの人気ゲームや独創的なゲームで利用されています。


Unity TechnologiesのCMO、Clive Downieは今回の発表について、以下の様に語っています。

「私たちはライセンスの仕組みをもっと簡単にすることにしました。そして、みなさんにより多くの価値を提供したいと考えています。この新しい3種類のライセンスならば、みなさんにより広くご利用いただけ、最新版のUnityをより多くの方に、お求めやすく安心してお届けすることが可能になるでしょう。さらに、私たちはProライセンスをサブスクリプションの終了後に保有したいという方のためのプランも作成しました。どなたでも安心して移行の手続きを行っていただければ幸いです」

金額とプランに関する詳細はこちら。新しいライセンスは、2016年6月中旬から利用可能となる予定。すでにUnityを使用しているユーザーへの移行案内は6月半ばより行われます。
《服部 半蔵》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら