『ドラゴンクエストX』詐欺メールも進化・・・フィッシング対策協議会が注意勧告

その他 事件

今回流通している偽メール
  • 今回流通している偽メール
  • 現在稼働中の偽サイト
  • 2015年1月時の偽メール
  • 2015年7月時の偽メール
 フィッシング対策協議会は9日、スクウェア・エニックスのゲーム「ドラゴンクエストX」を騙るメールが出回っているとして、注意を呼びかけた。

 それによると、「[スクウェア・エニックス アカウント]のお知らせ」というタイトルのスパムメールが出回っているとのこと。9日時点ではフィッシングサイトは稼働しており、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼済みとのこと。

 メールは、ドラクエの画像を使用したHTMLメールとなっており、表示されるURLも一見本物だが、実際には偽装されており、「http://hiroba.dqx.jp.mcsu.●●●●.cc」などの偽サイトに誘導される。

 「ドラゴンクエストX」を騙るフィッシングサイトは、過去にも周期的に出現している。最近では2014年6月、2015年1月、2015年7月などに、偽メールの流行と偽サイトの出現があり、同協議会が注意を呼びかけている。過去のメールは、テキストベースのもので見破りやすかったが、今回のメールは、巧妙に画像を用いているため、要注意だといえる。

 今後もひきつづき類似の偽メール・偽サイトが出現する可能性もある。協議会ではこのようなフィッシングサイトでアカウント情報(IDやパスワード)などを絶対に入力しないように注意を呼びかけている。

「ドラゴンクエストX」、詐欺メールも“進化”で要注意

《冨岡晶》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら