アクティビジョン・ブリザードがレイオフを実施―業績好調もPS4/Xbox Oneは「カジュアル層に届いていない」

企業動向 人事

先週公表された2015年度業績報告で、『Call of Duty: Black Ops 3』や『Destiny: The Taken King』など人気作による活発なセールス状況が明らかになっていたアクティビジョン・ブリザードですが、同社が「長期的視野で見た上でのより良い組織構成」を目的としたレイオフを実施していたことが、海外メディアを通して伝えられています。

海外メディアGame Informerによれば、アクティビジョン・ブリザードの販売作品は「著しく良好」な売れ行きを見せているものの、同社は「カジュアルな顧客層は依然として“次世代コンソール”に向かっていない」との見解を示しています。これを理由に組織再編への見直しを図るレイオフを実施するとのことですが、具体的な規模は明かされておらず、影響を受ける部門やスタジオ閉鎖の有無についても伝えられていません。

Game Informerはアクティビジョン・ブリザードの中でも米国ミネソタ州のオフィスに影響が起こり得ると見ており、ライセンス作品においては開発規模が縮小傾向にあると報告。ミネソタでは現在『Teenage Mutant Ninja Turtles: Mutants』や噂が囁かれていたゲーム版『ゴーストバスターズ』と言ったプロジェクトを進行していると伝えられています。
《subimago》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら