米マイクロソフトが7800人の大規模レイオフ・・・携帯事業のスマート化狙いか | GameBusiness.jp

米マイクロソフトが7800人の大規模レイオフ・・・携帯事業のスマート化狙いか

企業動向 リストラ

米マイクロソフトが7800人の大規模レイオフ―携帯事業スマート化狙いか
  • 米マイクロソフトが7800人の大規模レイオフ―携帯事業スマート化狙いか
米マイクロソフトが、7800人にものぼる大規模なレイオフを行うと海外メディアが報じています。

海外大手メディアのウォールストリートジャーナルによると、MicrosoftのCEOサトヤ・ナデラ氏が公開した、従業員に宛てたメールの内容から、最大7800人の人員削減と、76億ドルの資産を減損処理することが明らかになったそうです。Xbox事業については触れられていませんが、2014年に買収したノキアの携帯電話や広告、地図部門が対象となることが報じられています。


Windows Phoneは、ノキアが開発したスマートフォン「Lumia」シリーズをフラグシップとし、Officeのモバイル版をプッシュしたビジネス用途だけでなく、Xbox Gamesブランドとして『Crimson Dragon』のスマートフォン版といった独占タイトルの供給やXbox Oneとの連携などのゲーマーへのアプローチも行っていました。しかし、AppleのiPhone、GoogleのAndroidと比較してアプリ数で大きく差がついていたこともあり、世界シェアを伸ばすことができずにいます。

7月29日に控えた新OS「Windows 10」のリリース直前の発表となりましたが、OSリリースに伴うWindowsデバイスの大規模アップデートとシステム統合に合わせて、伸び悩んでいたWindows Phone事業の大規模な見直しを目指しているのかもしれません。

米マイクロソフトが7800人の大規模レイオフ―携帯事業スマート化狙いか

《Daisuke Sato》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら