レベルファイブ、『イナズマイレブン3』の売上1本あたり11円を南アフリカに寄付 | GameBusiness.jp

レベルファイブ、『イナズマイレブン3』の売上1本あたり11円を南アフリカに寄付

その他 その他

レベルファイブは、7月1日に発売する『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』において、「11 for Africa」プロジェクトとして、ゲームの売上1本あたり11円を南アフリカの子供たちに寄付すると発表しました。
  • レベルファイブは、7月1日に発売する『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』において、「11 for Africa」プロジェクトとして、ゲームの売上1本あたり11円を南アフリカの子供たちに寄付すると発表しました。
  • レベルファイブは、7月1日に発売する『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』において、「11 for Africa」プロジェクトとして、ゲームの売上1本あたり11円を南アフリカの子供たちに寄付すると発表しました。
  • レベルファイブは、7月1日に発売する『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』において、「11 for Africa」プロジェクトとして、ゲームの売上1本あたり11円を南アフリカの子供たちに寄付すると発表しました。
  • レベルファイブは、7月1日に発売する『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』において、「11 for Africa」プロジェクトとして、ゲームの売上1本あたり11円を南アフリカの子供たちに寄付すると発表しました。
  • レベルファイブは、7月1日に発売する『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』において、「11 for Africa」プロジェクトとして、ゲームの売上1本あたり11円を南アフリカの子供たちに寄付すると発表しました。
レベルファイブは、7月1日に発売する『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』において、「11 for Africa」プロジェクトとして、ゲームの売上1本あたり11円を南アフリカの子供たちに寄付すると発表しました。

「11 for Africa」プロジェクトは、元サッカー日本代表の中田英寿氏が主宰する一般財団法人TAKE ACTION FOUNDATIONとの協力の下で進められ、集まった寄付金は日本ユニセフ協会を通じて、南アフリカ共和国でのサッカーボールを活用した教育プログラムの実施に活用されます。

今年夏にはワールドカップが開催される南アフリカですが、貧富の格差が依然として大きく、貧困地域の子供たちは、エイズ、暴力、犯罪などの様々な困難に直面しています。このプロジェクトではサッカーボールの配布にとどまらない、ライフスキルの育成を目指しています。

TAKE ACTION FOUNDATIONでは100万個のサッカーボールを寄付することを目標に既に活動を始めていて、昨年には「TAKE ACTION in 甲府 LIFE AFTER FOOTBALL MATCH」を開催。その収益から2万個のサッカーボールを届けました。

28日に東京ビックサイトで開催した発表会では、中田英寿氏や在日 南アフリカ共和国大使ガード・ヨハネス・グロブラー氏も登壇し、プロジェクトに対して感謝の意を表明しました。

(C)TAKE ACTION FOUNDATION / GEORGINA GOODWIN
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら