任天堂、来年度に3D携帯ゲーム機発売・・・朝刊チェック(3/24) | GameBusiness.jp

任天堂、来年度に3D携帯ゲーム機発売・・・朝刊チェック(3/24)

その他 その他

本日の朝刊チェックです。

今日は「人力車発祥の日(日本橋人力車の日)」です。明治3年の今日、人力車の発明グループの3人(鈴木徳次郎、高山幸助、和泉要助)に、東京府より人力車の製造と営業の許可がおり、日本橋のたもとから営業を始めました。人力車の営業活動を行っている「くるま屋日本橋」が制定しました。

日経産業新聞4面「任天堂、来年度3D携帯ゲーム機投入」
任天堂は裸眼で立体的な3次元映像のゲームが楽しめる携帯ゲーム機の新機種「ニンテンドー3DS(仮称)」を2010年度中に日米欧で発売することを発表しました。3D機能については6月15日に開催するE3で公表されます。任天堂は今後ソフト会社に仕様を順次公開していきます。
任天堂はゲームキューブからWiiまで3Dソフトに対応出来る機能は搭載しており、長年技術研究は続けていました。

日経産業新聞6面「ソフトバンク、映画・DVD携帯情報を拡充」
ソフトバンクモバイルは、携帯電話の利用者向けにスポーツや芸能ニュースなどの映像を配信する「選べるかんたん動画」において、最新の映画やDVDソフトの情報を提供する番組を25日から追加します。携帯電話からDVDの宅配レンタルを申し込めるなど使い勝手を高め、契約数の拡大につなげます。
《古谷正人》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら