【GDC2010】Unity3.0、iPadやAndroidなどにも対応 | GameBusiness.jp

【GDC2010】Unity3.0、iPadやAndroidなどにも対応

その他 その他

iPhoneやWii向けのゲームエンジンとして急成長を遂げるUnityですが、同製品を提供するUnity TechnologiesはGame Developers Conference 2010に合わせて最新版「Unity 3.0」を発表し、新たにプレイステーション3、iPad、Androidに対応することを明らかにしました。

「Unity 3.0」ではレンダリング性能と物理演算を強化。加えてマルチプラットフォーム対応も強化され、新たにプレイステーション3、iPad、Androidもリストに加えられました。これにより対応機種はWindows、Mac、iPhone、Wii、PS3、Xbox 360、Android、iPadとなりました。

多くの採用実績のあるiPhone向けでは、音楽のストリーミング再生のビルドサイズが抑えられたほか、ブルートゥースによるマルチプレイヤーをサポート、2Dスプライトエンジンも搭載しました。全体的なパフォーマンス改善も図られています。

「2005年に最初のバージョンをリリースして以来、Unityはインタラクティブ3Dの実現に主軸を置きながら、数多くの印象的なバージョンアップを実施してきました。その結果、現在では10万人以上のデベロッパーに採用いただくことができました。私たちは今後も最高の可能性を手ペロッパーに提供できるソリューションを生み出していきます」とUnity TechnologiesのDavid Helgason CEOは述べています。

「Unity 3.0」は夏から提供開始予定で、エントリープランは無償。企業ユースの「Unity Pro」は1500ドル、バージョンアップは750ドルで提供です。予約したデベロッパーにはベータビルドも提供されるとのこと。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら