プレミアムエージェンシー、無償ゲームエンジン提供を核とするアライアンスを設立(1) | GameBusiness.jp

プレミアムエージェンシー、無償ゲームエンジン提供を核とするアライアンスを設立(1)

その他 その他

渋谷に拠点を持つプレミアムエージェンシー(Premium Agency)は、自社が開発するゲームエンジン「千鳥」やグラフィックライブラリー「葵」の提供を中心とするアライアンス「千鳥ワールドステージアライアンス」を立ち上げることを明らかにしました。
  • 渋谷に拠点を持つプレミアムエージェンシー(Premium Agency)は、自社が開発するゲームエンジン「千鳥」やグラフィックライブラリー「葵」の提供を中心とするアライアンス「千鳥ワールドステージアライアンス」を立ち上げることを明らかにしました。
渋谷に拠点を持つプレミアムエージェンシー(Premium Agency)は、自社が開発するゲームエンジン「千鳥」やグラフィックライブラリー「葵」の提供を中心とするアライアンス「千鳥ワールドステージアライアンス」を立ち上げることを明らかにしました。

プレミアムエージェンシーは2003年5月に設立。創業者はセガ・エンタープライズやマイクロソフトでXboxの事業立ち上げを経験した山路和紀氏。セガでは『シェンムー』、マイクロソフトでは『マキシマムチェイス』『ブリンクス・ザ・タイムスイーパー』などに関わりました。

ビジュアルアーツやモデリング、モーションキャプチャーなどを得意とし、ゲーム開発、ビジュアルエフェクト制作、テレビアニメ制作などを手掛け、特に近年ではゲーム開発に力を入れてきました。2月には元セガ、オーバーワークス代表の大場規勝氏をチーフ・クリエイティブ・オフィサーとして迎えています。

プレイステーション3の初期からSCEとの繋がりが深く、『GENJI-神威奏乱-』『Folkssoul』のムービー制作からはじまり、『The Eye of Judgement』ではアニメーション制作、『四季庭』ではゲーム開発全般を担当しました。その関係から「PlayStation Home」の制作も行っています。

徐々にライン数も増え、2009年には『Zill O'll infinite』(PSP/コーエー)、『Bakugan Battle Brawlers』(PS3/Xbox360/PS2/Wii/DS/アクティビジョン)、2010年になってからも『ミマナ イアルクロニクル』(PSP/ガンホー・ワークス)、『DEATH BY CUBE』(XBLA/スクウェア・エニックス)をリリース。他にも複数のタイトルの制作が進んでいます。

「千鳥」は『四季庭』『Dress』『Bakugan』『DEATH BY CUBE』などで使用されてきたゲームエンジンを元にしたもので、多くの実績があります。また、「千鳥ワールドステージアライアンス」では単なるゲームエンジンの提供に止まらない、開発者コミュニティの育成を目指します。

(2)に続く
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら