『モダン・ウォーフェア2』を巡りInfinity Wardの元幹部らがアクティビジョンを訴訟 | GameBusiness.jp

『モダン・ウォーフェア2』を巡りInfinity Wardの元幹部らがアクティビジョンを訴訟

その他 その他

Infinity Wardを設立した元幹部で、先日同スタジオを退社していたことが明らかになったJason West氏とVince Zampella氏が、アクティビジョンを相手取って訴訟を起こしました。

先ほど公開されたプレスリリースの訴状によると、アクティビジョンは、『モダン・ウォーフェア2』の契約の一部としてロイヤリティーの支払いを予定していたそうですが、先月暗黙のうちに弁護士を雇い、根拠のない契約違反や業務命令違反の疑いで調査を進め、ロイヤリティーを支払うことなく3月1日に2人を解雇したとのこと。

「契約を破棄したアクティビジョンの選択にはショックを受けました」とWest氏はコメント。同氏はこれまで10年近い歳月を費やしてInfinity Wardを世界レベルの開発スタジオに成長させてきたと述べ、そうした努力が評価されなかったことに、強い遺憾の意を表明しています。

訴状では、アクティビジョンにロイヤリティーの支払いを求めるだけでなく、2人の元幹部が「モダン・ウォーフェア」関連作品をコントロールする権利も同時に要求しています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら