プレイステーション3障害復旧、うるう年の誤認識が原因 | GameBusiness.jp

プレイステーション3障害復旧、うるう年の誤認識が原因

その他 その他

ソニー・コンピュータエンタテイメントは、昨日より発生していたプレイステーション3(新型PS3除く)のネットワーク障害が解消したことをアナウンスしました。
  • ソニー・コンピュータエンタテイメントは、昨日より発生していたプレイステーション3(新型PS3除く)のネットワーク障害が解消したことをアナウンスしました。
ソニー・コンピュータエンタテイメントは、昨日より発生していたプレイステーション3(新型PS3除く)のネットワーク障害が解消したことをアナウンスしました。

今回の障害は、プレイステーション3の内部にある時計機能が2010年をうるう年と認識した為発生。内部の日付が2月29日(GMT/グリニッジ標準時間)から実際に存在する3月1日(GMT)に変わったことで、昨日から発生していた障害は解消されました。現在は正常にアクセスすることが出来ます。

なお、クロスメディアバー上で時刻がずれている場合は、プレイステーション3の「日付と時刻」を手動かインターネット経由で設定することで正しい時刻が表示されます。
《古谷正人》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら