Warner Bros.が『Batman: Arkham Asylum』のRocksteadyを買収 | GameBusiness.jp

Warner Bros.が『Batman: Arkham Asylum』のRocksteadyを買収

その他 その他

Warner Bros. Home Entertainment Groupは、『Batman: Arkham Asylum』の開発元として知られるRocksteady Studiosの株式を過半数取得し買収したと発表しました。

「Rocksteadyは『Batman: Arkham Asylum』によってそのプロフェッショナリズムと非凡な能力を証明しました」と語ったのはWarner Bros. Home Entertainment Groupの社長Kevin Tsujihara氏。今回の買収が素晴らしい戦略に当てはまり、才能ある開発チームとの結束に大変満足しているそうです。

今後Rocksteady Studiosは、Warner Bros.の内部スタジオとして、続編の『Batman: Arkham Asylum 2』はもちろん、Warnerの保有する人気ブランドのゲーム化に携わっていくとのこと。

2004年にロンドンで設立されたRocksteady Studiosは、2009年に発売した『Batman: Arkham Asylum』が業界で数々の賞を受賞し、一躍トップデベロッパーの仲間入りを果たすことに。タイトルも全世界で300万本以上のセールスを達成しています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら