アトラス、シーアンドシーメディアをパーフェクトワールド社に売却交渉 | GameBusiness.jp

アトラス、シーアンドシーメディアをパーフェクトワールド社に売却交渉

その他 その他

アトラスは、連結子会社でオンラインゲーム事業を行うシーアンドシーメディアの株式を運営している『パーフェクト ワールド -完美世界-』『夢世界−武林外伝−』などのライセンス元である中国のパーフェクトワールド社へ売却することで交渉を開始したと発表しました。

アトラスではアミューズメント施設関連資産を圧縮し、コンテンツ関連事業に注力する方針を掲げ、シーアンドシーメディアはその中核を担ってきました。しかしながら、昨年末にゴンゾロッソを買収(ロッソインデックスに社名変更)したことから、資産の見直しを行い、シーアンドシーメディアに関しては売却する方針を固めたとのこと。

シーアンドシーメディアの大株主はアトラス76.1%、光通信4.1%などとなっています。

売却先のパーフェクトワールド社は本店所在地がケイマン諸島とのみ開示されていて、どのような売却スキームが組まれるのかは不明。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら