ValveのSteam、ユーザーアカウント数は2500万の大台に | GameBusiness.jp

ValveのSteam、ユーザーアカウント数は2500万の大台に

その他 その他

Valveは、同社の運営するPC用デジタルディストリビューションサービス「Steam」のユーザーアカウント数が、2009年12月で2500万に到達したと発表しました。これは2008年から25%上昇した数値で、うち1000万人のユーザーがSteam Community上でプロフィールを作成しているということです。

また、Steam上で販売されているPCゲームのラインナップも1000タイトルに及び、世界中から100以上のメーカーが製品を提供。さらに2009年はセールスが205%以上増加し、ソフト販売の売上はこれで5年連続前年比超えを達成しています。

プレスリリースでは、『Call of Duty: Modern Warfare 2』、『Dawn of War II』、『Empire: Total War』といったサードパーティー製のタイトルがSteamworks対応で発売されたことにも触れられていますが、これには一部で批判の声も挙がっていました。

「Steamは2009年3月で5年目を迎えました」とValve代表のGabe Newell氏はコメント。今後もプラットフォームや開発者向けの技術を拡張していく予定だと伝えています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら